記事一覧

食べすぎに注意する

ナイフとフォーク

決められた量を食べる

糖尿病を患うと栄養管理が大変になってしまい、家族にも献立を考える苦労をかける事になります。その苦労を減らすために糖尿病食の宅配サービスは役立てられているのですが、人によっては自宅に届けられた料理を食べ過ぎてしまう事も珍しくないです。おかずだけを届けてもらっている人ほど注意が必要で、惣菜の糖質さえ制限すれば、白米を少しばかり多く食べても大丈夫だろうと考えてしまう人もいます。白米というのは胃の中で消火された後に、炭水化物が糖分に分解されてしまうので、おかずの糖質を制限できたからといって白米を食べ過ぎるのは危険です。糖尿病食の宅配サービスであれば、おかずだけではなく米と汁物をセットにしたメニューも用意されています。白米の食べすぎが心配な人は、一食ごとに白米を口にする漁も制限しやすいセット品を活用してください。糖尿病食の宅配サービスによっては、白米ではなく玄米がメニューに入っている場合もあります。白米と比べると玄米は糖質制限がしやすいだけでなく、食物繊維やビタミンなども豊富なために、糖尿病の治療を続けている方々にも最適です。高齢者の方々はアゴの力が弱っていて、硬い食べ物を噛む事ができないという人も珍しくありません。そんなアゴに問題を抱えている方々のために、料理を細かく刻んだ状態でパックした料理も用意されています。自分のアゴの状態に合わない糖尿病食の宅配コースを頼んでしまい、アゴにダメージを与える事にならないよう注意してください。